ゲスト作家


《奥中 章人》おくなか あきひと
AO Institute of Arts 代表
http://www.world-akihito.com/

京都出身。元・美術館や福祉施設の体感系美術遊びのインストラクター。人や物事、出来事の間に内在するダイナミズムや、関係性とその相互作用性の美学を探求し、環境変化に反応するソフト・スカルプチュアを発表。ミチシオ祭では砂浜で体感できる作品『Inter-World-Michishio』を設え、浜辺と海や空、風との境界線を生み出します。

《奥野 誠/佳世》おくの まこと/かよ

紙漉き工房 奥野

龍神村に伝わっていた山路紙(さんじがみ)を復活させ、紀州楮(こうぞ)を素材にさまざまな紙漉き技法を駆使。砂地、天井、壁面店それぞれの特性を生かしたオブジェやインスタレーション作品を展開。今回は海の動物を中心とした作品展示や木綿(ゆう)を使ったインスタレーションで海の家に創作和紙の世界が登場します。

《井澤正憲/幸子》いざわ まさのり/さちこ

八幡工房/ギャラリーHachi

http://www.8hachi.com/

 

紀美野町で工房とギャラリーを営む陶芸家のご夫妻。特有の趣を持つ2人の作品に映画監督でもある息子の岳丸くんの映像も加わった“八幡工房”の世界観を楽しんでもらうと共に、「ものを焼くこと」にこだわったアート表現「浜辺の錬金術師」第二弾を展開。この日は海の家が『砂をガラスに変える実験室』に変身します。

《田中太山》たなか たいさん

http://www.shogakaboz.jp/

太地町出身の書画家。名前の意味語源から詩を創る「名前の詩」や文字を絵にデザインする「笑文字」考案者。東京とニューヨークを拠点に活動中。今イベントでは「なまえもじ」と「大作書画」を披露してくれます。

《なまえもじイベント》

10:00〜17:00(なくなり次第終了)

・ぬくもり購入者『名刺サイズなまえもじプレゼント』>先着30名

・父の日『なまえもじ』1枚1.000円(ハガキサイズ額付き)>先着30名

《大作書画パフォーマンス》

14:00〜(30分程)

《Maiko》マイコ
Candress代表

http://candress.net/

東京のキャンドルスクールを卒業後、都内有名ホテル、クラブなどでキャンドルナイト、キャンドル教室を開催。地元でもキャンドル作りの楽しさを広めたいと 2011年、和歌山へ帰郷。出張教室を中心に各種イベントに出展し、全国のアートイベントでも精力的に活動中。今イベントでは砂浜を使った展示とワークショップを展開します。